宮沢隆仁 MIYAZAWA TAKAHITO OFFICIAL WEBSITE


■2013年3月15日 厚生労働委員会

医師不足問題

■2013年3月19日 厚生労働委員会
児童虐待防止対策
■2013年4月8日 予算委員会
審議会のあり方
■2013年4月11日 災害特別委員会
自然災害での犯罪防止策、原発の警備
■2013年4月12日 予算委員会第7分科会
技術者の海外流出問題
■2013年6月12日 厚生労働委員会
精神障がい者の雇用促進法案 メンタルクリニック乱立問題
■2013年4月15日 予算委員会第1分科会
原発の防衛体制
■2013年6月5日 厚生労働委員会
臨床研究の利益相反問題
大島災害の現場を視察した経験から、災害時の自 治体間の連携、自治体首長の災害教育、ハザード マップ、「想定外」という言葉について議論しました。
■2013年11月1日 災害特別委員会
アルジェリアでのテロ事件を受け、在外邦人の 輸送の仕方、輸送対象者、武器使用条件等を 変更した自衛隊法改正案の審議を行いました。
■2013年10月31日 安全保障委員会

公式ブログ

■日々の活動、リアルな政治活動につきましては、 こちらの         をご覧ください。
■上記の動画は、インターネットで「宮沢隆仁 質疑」と検索するとご覧になれます。

第1回 

 3月12日の予算委員会で、初めて安倍総理に対して質疑の機会をいただきました。 先ずは、地元、長野県が長寿日本一になった理由について、また私が長野県民と接 しながら浮かんだ造語で「考動志民」(意味:深く考えたうえで決断し、素早く的確に行 動し、志をもって前向きに生きる民)という言葉について安倍総理の感想を求めました。  安倍総理は長野県について一人あたりの医療費が低く、健康指導を入念にしている 県という認識を持っているとの返答があり  「考動志民」の言葉については、国民皆が この考え方で行動することが大切だと思う、と発言されました。  その他、医師不足の問題、地域医療支援センターの成果、70歳~74歳の医療費窓 口負担等を質問しました。 最後に、今の日本人に足りないのは人生観や死生観を含 めた哲学的議論ではないか、と述べ、政治家の皆さん一人一人の哲学を語ってほしい と提言いたしました。
■2013年3月12日 予算委員会
自己紹介、「考動志民」
は、「止める」
ll
は、「進める」

コチラの「 」の部分をクリックして
 大きな画面にして、ご覧下さい

画面中央のをクリックすると動画が始まります。
 動画の見方 

第2回~11回 国会内質疑動画